女子力をアップしよう

女子力をアップしよう

2009年の新語・流行語大賞にノミネートされた「女子力」。
一躍注目されたこの言葉は、今でも使われており、多くの女性が女子力アップを目指しています。
そんな女子力とはいったい何なのか?
女子力を上げるためには何をすればいいのか?
こちらでは、そんな女子力についてご紹介します。

女子力って?

“きらきらと、輝いた生き方をしている女性が持っている力”とされています。
ですが、女性らしいポイントを女子力という方もいれば、センスがよく女性の憧れとなっている女性に対して使うこともあります。
また、女性に限らず家事のできる男性や、周りへの気遣いができる男性に対して女子力が高いと評することもあります。
そのため、これといった明確な定義があるわけではないのです。
その中で、共通しているポイントとして、“毎日をイキイキと楽しそうに過ごし、周りから羨望の目を受ける存在”または“憧れや尊敬の念を抱くポイントを持つ存在”を男女問わず女子力が高いと評しているのです。

キレイになっていいんです!

「女子」や「女子力」という言葉に、いまいち馴染めなかったり、恥ずかしかったり、後ろめたさを感じたり…そんな人もいるかもしれませんが、それはあくまでも表現のひとつです。
ワクワクやドキドキ、ウキウキは自分の気持ちのなかで、いつでも自由に感じることができます!
キレイになること、可愛らしさを表現すること、女を感じること、女性として自信を持つことは自由です。そんな世界観を、簡単な言葉で表現しているだけだったりします。だから、誰でももっともっとキレイになっていいんです!
もっと頑張っていいんです!もちろん、さぼったっていいんです。落ち込んだっていいんです。その時、その時の気分で選んでいけばよいのです。

行動すること、一歩進んでみることが大事です。
気持ちや心が動かない時、それはそれで置いておいて、身体だけ動かしてみてください。一瞬だけでも、1分だけでも。眉毛だけ、つま先だけ、1カ所だけでも、変えてみてください。後から気持ちが変わったたら、心が動いたら、その時自分の声を聞いてみてください。新しい自分が、もっときれいになる明日が、みえてくるかもしれません。

Chooseでは、そんな輝きたい女性をサポートすべく、様々なカリキュラムを開講しております。
内面を磨きたい女性には、資格の取得講座やメンタルケアの講座、教養を磨く講座などがあり、外面を磨きたい女性には、ダイエットもできるエクササイズ講座、ヘアメイク講座にスペシャルセミナーなどをご用意しております。
女子力アップ方法を探しているけれど、なかなかうまくいかないという方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 心を健康に保つためにできること

  2. 日本のヘアメイク その2

  3. 大人ニキビについて質問

  4. エイジング世代は、パーソナル 美容へ

  5. 40代からの前髪って難しいかも?!

  6. アンチエイジング道具「木曽のさわら」のおひつを買った訳

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。