ダイエットを知ることで女子力アップ

ダイエットを知ることで大人*女子力 UP

女子力アップ方法の一つにダイエットがあります。外見から美しくなろうとダイエットに励む女性の方も多いのではないでしょうか。
好きなファッションを楽しみたい、美しくなりたいと思うのであれば適正体重をしっかり守ることが大切です。
なかには、適正体重よりもさらに痩せようとする方もいますが、それは健康的なダイエットではありません。

ダイエットとは

健康や美容などを目的として食事の質や量を制限することであり、転じて日本では主に痩せるための運動や生活習慣の改善の意味を指します。
(※海外では、痩せるための運動はダイエットとは言いません

多くの人が「ダイエット=運動や食事制限によって痩せること」と解釈していますが、実はこれは誤解であって「運動や食事量を管理して、適正な体重にしていくこと」が「ダイエット」の本来の意味なのです。

従って、痩せすぎの人が食事量を多くして体重を増やす行為も「ダイエット」と言います。

良いダイエットと悪いダイエットの特徴

<良いダイエットの特徴>
・成果が出て、長続きする
・単なる「減量」ではなく、「健康になる」ことを目指す(=「本当の目的」が明確)
・過激な減量をしない(=目標が高すぎない)
・間食、深夜のドカ食いをしない(=「やらない」ことが明確)
・楽しむ仕掛けがある(=「あそび」がある)
・仲間と共に行う(=チェック機能がある)
・健康管理士の指導のもと行う

<悪いダイエットの特徴>
・成果が出ず、長続しない
・またはリバウンドしてしまう
・減量の結果、どうなりたいかが曖昧
・過激な減量を行う
・食事制限、運動などやるべきことが多い
・計画通りに完璧に実行しようとする
・1人でやろうとする

ダイエットの基本は「美しく健康的に痩せ、維持すること」

ダイエットの基本は「美しく健康的に痩せ、そして維持する」ことです。
これまで様々なダイエット方法がテレビや雑誌などで紹介されてきました。
「○○するだけで痩せる!」「○○ダイエット!」といった具合にセンセーショナルに現れるこれらの方法は、ダイエットに成功した姿に憧れる多くの女性のハートをキャッチし、よくブームにもなりました。実際に試された方も多いのではないでしょうか。
辛くて長いという厳しい印象が漂うダイエットのイメージを覆し、簡単に短期間で痩せられるとうたわれた方法が人気傾向にあるようです。また、こうした楽な方法を全否定するわけでもありませんし、どんなダイエットをしようとも基本的には個人の自由です。
ただし、こうしたダイエットを参考にする場合は、科学的、医学的な裏付けのあるダイエットのベースになる考え方を知っておく必要があります。○○で痩せた、というのはあくまでその痩せた人の体験であり、普遍的なものではありません。
たまたま本人の体質に向いていただけ、という可能性もあります。
その体験を真似して健康を損なってしまっては元も子もありません。
もしあなたが科学的、医学的な裏付けのあるダイエットを知らないのなら、Chooseでは、色々なカリキュラムを用意していますので一番の早道になる方法を見つけ出しましょう。
楽しい輝く毎日を作るには?
輝くために必要なのは“曇りを持たないこと”です。
少しずつでも、自分に自信を持てるように自分を好きになろう!
コンプレックスや後ろ向きの姿勢は、どんよりとした心の曇りになってしまいます。
もっと輝くためには、半歩でも一歩でも前に進む行動力を持つことが大切
『昨日よりも今日、今日よりも明日の自分へ』
マイナスだと思うポイントを、ひとつずつ減らしていきましょう。
そうすれば、きっと新しい自分を見つけることができます。

なかなか自分ではコンプレックスが解消できないアナタへ

プロの手借りちゃいましょう!
よくプロフィール写真の撮影現場で、撮られるの苦手、写真嫌いだというお客様も多いです。
ですが、不思議 ヘアメイクしてキレイになって笑顔!
プロのカメラマンに撮ってもらうとどんどん楽しそうになって笑顔が溢れてきます。
私も自撮りは苦手ですが、プロに撮ってもらうのは照れるけど好きです。いいところを引き出してくれるから!
そんなプロの知恵やテクニックをそんな輝きたい女性をサポートすべく、
Chooseでは、毎月お悩み別プチセミナー付きでお茶会を開講しております。 
 
女子力アップ方法を探しているけれど、なかなかうまくいかないという方は、お気軽にご相談ください。

相談はこちら

関連記事

  1. 大人ニキビについて質問

  2. メンタルケアで心美人に

  3. 味噌汁

    ほうれん草とモロヘイヤ味噌汁

  4. なぜ、 綺麗と言われた方が良いのか?

  5. エイジング世代は、パーソナル 美容へ

  6. 女子力をアップしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。