日本のヘアメイク その2

日本のヘアメイク  後半

【ヘアメイクの歴史】
◎【1950年代】

1950年代、お洒落の手本はオードリー・ヘップバーンのメイクでした。
この戦後の時代には、欧米のファッションが取り入れられて、映画女優がオシャレの手本となりました。
エレガントをめざし、外国人女優に憧れた時代です。

■ メイクの特徴
肌・・・白肌
眉・・・太く短めの直線
目・・・太い切れ長
口・・・真紅の口紅オシャレが自粛させられた戦争期間を経て、時代は高度成長期に。
1960年代は白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫は普及しました。


◎【1960年代前半】

1960年代に入ると、ロンドンでヴィダルサスーンが登場。
ハサミで髪をカットするという新しい技術を広め、「ヴィダルサスーンカット」と呼ばれるボブスタイルが、世界的に流行しました。
その技術は日本にも入ってきて、髪をカットする道具がカミソリからハサミへと移行していったのです。
1960年代前半は、淡い色のメイクが流行しました。今までは「赤」と決まっていた口紅に、淡いピンクが登場しました。
眉は、太め→丸く細い形 と変化しました。

■ メイクの特徴
肌・・・白肌
眉・・・丸く細い
目・・・太めのアイラインと淡い色
口・・・淡いピンク
頬・・・中央にピンク

ビートルズから影響されたモッズファッションが生まれたのがこの時代。
1967年、ツィッギーの来日でミニスカートが大流行し、ファッショ ン界は一気に華やかに。


◎【1960年代後半】
1964年東京オリンピックが開催されました。
60年代後半~70年代前半のメイクは、「付けまつ毛」と「二重アイライン」でした。
肌の色は、白肌から小麦色へ変化します。
メイクはアイメイクが中心で、目を強調するのがこの時代のメイクの特徴です。

■ メイクの特徴
肌・・・小麦色
眉・・・さらに細くて薄い
目・・・付けまつ毛と極端なアイライン
口・・・目を強調するためにベージュ系
頬・・・立体的に引き締める


◎【1970年代】
70年代は、DCブランドとバブルの時代でした。
70年代、眉は自然のまま、色は使わないメイクが流行しました。
ナチュラルメイクが一番キレイとされた時代です。

■ メイクの特徴
肌・・・オークル系
眉・・・太い
目・・・何もしない or ブラウンかベージュ系
口・・・落ち着いたブラウン系
世界で活躍する日本人デザイナー、イッセイ・ミヤケやケンゾーな どが数多く誕生しました。
「anan」「non-no」などのファッション雑誌の発刊も 相次ぎました。


◎【1980年代】
1981年に登場した松田聖子の聖子ちゃんヘア=聖子ちゃんカットが流行。
80年代後半のメイクは、バブルの好景気で、華やかなメイクが流行りました。
洋服もカラフルなボディコンが大流行し、ディスコブームが到来しました。
ワンレン、ボディコン、ジュリアナ時代です。

■ メイクの特徴
肌・・・オークル系
眉・・・形を揃える
目・・・華やか色
口・・・強い赤紫

派手な「ジュリアナ・メイク」が80年代後半のメイクです。


◎【1990年代】
90年代の一般メイクは、バブルが崩壊したこともあり、細眉メイクが復活しました。
1993年ごろには茶髪ブームがはじまり、1996年には安室奈美恵のファッションを真似た「アムラー」が増殖し、茶髪が一般化したといえるでしょう。

■ メイクの特徴
肌・・・オークルかナチュラル系
眉・・・形は細く、色はブラウンかグレー
目・・・明るめの色とマスカラ
口・・・ピンクかベージュ
頬・・・オレンジ系のナチュラルカラー

90年代のもう一つのメイクは、「コギャルメイク」です。
メイクは色黒を強調し、綺麗なメイクが異質なモノへと変化してゆきました。
トレンドを生み出すのは女子高生に移行。

■ メイクの特徴
肌・・・日焼けサロンで黒く焼く
眉・・・薄く、またはそり落とす
目・・・太いアイライン、白のアイシャドウ、濃い付けまつ毛
口・・・白いピンク系

1995年には、エクステンションがイギリスから入ってきて、ますます多種多様なヘアスタイルが実現できるようになりました。


◎【2000年代】
ヘアスタイルはゆる巻き髪の愛され系がブーム。
2000年のメイクは「コギャルメイク」が発展したもので、目を強調するアイメイクがポイントになります。
メイクの中心は「まつ毛」で、「マスカラ」や「付けまつ毛」も欠かせないアイテムになりました。
パールを強調したメイクが特徴的になり、化粧品のほとんどにパールが入りました。

■ メイクの特徴
肌・・・小麦色とツヤ肌を強調
眉・・・形を整えて薄いブラウン
目・・・落ち着いたパール系のシャドウ、まつ毛を強調
口・・・リップグロス
頬・・・落ち着いた色で立体感を出す

まつ毛を強調した「ツヤ肌メイク」が、2000年のメイクです。


日本のヘアメイクの歴史についてご紹介しました。

Chooseでは、女性を輝かせるスクールとして、様々なカリキュラムを開講しております。
その中のヘアメイクレッスンにて、プロのメイクアップアーティストによるメイク術を身につけてみませんか?
ブライダル前の女性におすすめの小顔に見えるメイク術や崩れないメイク、肌をカバーするテクニックなどを学ぶことができます。

プロ*メイクアップ講座はこちら

関連記事

  1. 女子力をアップしよう

  2. アンチエイジング道具「木曽のさわら」のおひつを買った訳

  3. エイジング世代のダイエットが失敗してしまう訳

  4. ダイエットを知ることで女子力アップ

  5. 心を健康に保つためにできること

  6. 綺麗でいるも、いないのも「美肌を作るのは〇〇〇」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。